モデルナは「有効、安全」 堀内ワクチン担当相が活用訴え

米モデルナの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)
米モデルナの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関し、堀内詔子ワクチン接種推進担当相は10日の記者会見で、米モデルナ製ワクチンを活用するよう呼び掛けた。「有効性、安全性が報告されている。ご検討いただくようお願いしたい」と訴えた。1、2回目で米ファイザー製ワクチンを利用した人が多かった。

堀内氏は、国内でワクチンを少なくとも1回接種した人数が1億を超えたことを強調し「まだ1、2回目も受けられる。希望者は早めに予約してほしい」と述べた。

3回目までの間隔を巡り「国民全員が前倒しするのではないので、優先順位が必要。オミクロン株を見定めた上で検討したい」と語った。