仏大統領 北京冬季五輪の外交的ボイコットに慎重姿勢

マクロン仏大統領(ロイター)
マクロン仏大統領(ロイター)

マクロン仏大統領は9日の記者会見で、北京冬季五輪への外交的ボイコットについて、「問題を政治化すべきではない。小さな象徴的手段のためなら、なおさらだ」と述べ、慎重な姿勢を示した。

中国の女子テニス選手、彭帥(ほう・すい)さんの動静が不明となった問題を踏まえ、国際オリンピック委員会(IOC)と共に五輪選手を守る仕組み作りが必要だと主張した。マクロン氏は、五輪への対応は欧州連合(EU)の連携を図る方針を示している。(パリ 三井美奈)