速報

速報

猟銃立てこもり、男の身柄確保

無戸籍状態の子供、今年判明の53人は全員が就学

文部科学省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
文部科学省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

文部科学省は10日、何らかの事情で出生届が出されず、無戸籍となった小中学校段階の子供に関する就学状況の調査結果を発表した。今年5月時点で新たに存在が判明したのは53人で、全員が公立学校などに就学していた。

法務省の5月時点の集計を基に、教育委員会などに就学状況を尋ねた。53人の大半は支障なく登校していたが、欠席が目立つ子供が1人いた。いずれも未就学の期間はなかった。また、1人は調査期間中の7~8月に、無戸籍状態が解消されたという。

文科省は教育委員会などに対し、関係機関と連携して無戸籍の子供に対するきめ細かな支援を徹底するよう求めている。支援の具体例として、スクールソーシャルワーカーが保護者と面談し、弁護士を紹介して戸籍取得に向けた手続きを進めた自治体があった。