投稿で名誉毀損、参院議員が提訴 会社側は棄却求める

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

ツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が、東京都内のウェブコンサルティング会社に計880万円の損害賠償や投稿の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。10日に開かれた第1回口頭弁論に会社側は出廷せず、請求棄却を求める答弁書を提出した。

訴状によると、昨年10月25日、ツイッター上で「Dappi」と名乗るアカウントが、森友学園に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)をめぐり「近財(近畿財務局)職員は杉尾秀哉や小西洋之が1時間吊るしあげた翌日に自殺」などと投稿。両議員は「投稿は真実ではなく、人を自死に追い込むような人物だとして、社会的名誉が大きく侵害された」と主張している。

両議員はこのアカウントの発信者情報の開示請求訴訟を起こし、ログイン時に使用されたインターネット回線の契約者が同社だったと特定。投稿の頻度や内容から「同社が業務として投稿を行っていることは明らかだ」としている。