NPB、会員情報を誤送信 161人の氏名など

日本野球機構(NPB)は10日、オフィシャルオンラインショップへの問い合わせにメールで返信した際、誤って会員161人の個人情報を送信したと発表した。送り先は1人。約30分後に気付いて削除を依頼し、応じてもらったという。

誤送信したのは会員登録データのうち161人の氏名とそのうち13人の住所、3人の電話番号。該当の会員には今後連絡するという。メール送信の際に複数でチェックするなど、再発防止に取り組むとしている。