自民・下村氏、立・共反対でも「憲法審開く」

下村博文氏
下村博文氏

自民党の下村博文前政調会長は10日、国会内で講演し、衆院憲法審査会の運営に関し「今国会からは共産党や立憲民主党が反対しても、開くことになる。開かなければ何のための国会なのか」と主張した。野党の日本維新の会と国民民主党が憲法審開催に前向きなことを理由に挙げた。

下村氏は憲法改正に関し、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、緊急事態条項新設の必要性を指摘。憲法審開催に当たっては、自民党改憲案の4項目にこだわらず、各党が幅広いテーマで議論を進めるのが望ましいとした。