海自試験艦から油流出 180リットル、横須賀

10日午前6時55分ごろ、神奈川県横須賀市の海上自衛隊船越基地に停泊していた試験艦「あすか」から潤滑油が漏れた可能性があると、海自から横須賀海上保安部に連絡があった。横須賀海保が流出を確認、詳しい状況を調べている。

海自によると、発電機の冷却用潤滑油約180リットルが流出したとみられ、吸着マットによる油の回収と原因の特定を急いでいる。