国内最後のサーブ製プロペラ機、引退へ スマートな外観

26日に北海道で定期便のラストフライトを迎えるプロペラ機「サーブ340B」=11月、札幌市の丘珠空港
26日に北海道で定期便のラストフライトを迎えるプロペラ機「サーブ340B」=11月、札幌市の丘珠空港

鋭角のノーズといったスマートな外観で航空機ファンに人気のプロペラ機「サーブ340B」が26日、北海道で定期便としてラストフライトをする。国内では平成4年から活躍した機体で、老朽化で新型機に置き換わる。国内では定期運航の最後の1機だった。

スウェーデンのメーカー「サーブ」の製造で、日本航空傘下の北海道エアシステム(札幌市)が所有。最盛期は鹿児島で11機、北海道で3機が運航し、離島や遠隔地を結ぶ地域の足として活躍した。

最終便は26日午後の釧路発札幌行き。引退機は整備後に海外に売却する予定だ。

後継の新型機「ATR42―600」は、サーブ340Bに比べ天井が8センチ高く快適となるほか、座席数も36席から12席増え輸送量もアップ。両翼が窓より高い位置にあるため、地上の景色も眺めやすくなった。

北海道エアシステムの武村栄治社長は「サーブの格好良さも魅力だが、後継機の快適さも乗客にぜひ体感してほしい」と意気込む。