仙台市職員の男逮捕 20代女性にわいせつ容疑

宮城県警仙台東署は9日、女性を押し倒してキスをしたとして、強制わいせつの疑いで仙台市市民税課職員、河村真之介容疑者(30)=同市宮城野区原町=を逮捕した。「そこまで嫌がっているとは感じなかった」と供述している。

逮捕容疑は11月29日夜、河村容疑者の自宅アパートで、20代の同市の女性会社員に抱きついて押し倒し、キスをしたり胸を触ったりしたとしている。

署によると、2人は面識がなく、河村容疑者が路上で女性に声を掛け、肩に手を置くなどして自宅アパートに連れ込んだ。女性は恐怖を感じ、河村容疑者を刺激しないように従ったという。室内で隙を見て逃げ出した。