自民茂木派、第2派閥に並ぶ 後藤田氏ら2人入会

派閥の会長に就任し、記者の質問に答える自民党の茂木敏充幹事長=11月25日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
派閥の会長に就任し、記者の質問に答える自民党の茂木敏充幹事長=11月25日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

自民党茂木派(平成研究会)は9日の定例会合で、かつて石破派(水月会)に所属していた後藤田正純、先の衆院選で初当選した上田英俊の両衆院議員の入会を認めた。所属議員は53人になり、麻生派(志公会)に並ぶ第2派閥になった。

茂木派会長の茂木敏充党幹事長は会合で「どちらが2番、3番という話ではなく、われわれは主要派閥として岸田文雄政権を支えていく重い責任を持っている」と述べた。