維新代表、30人で2時間半会食「反省」

日本維新の会の松井一郎代表
日本維新の会の松井一郎代表

日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)が今月、自身の地盤を含む衆院大阪14区(八尾市など)の関係者ら約30人と2時間半以上の会食をしていたことが9日、分かった。松井氏は一部写真週刊誌の取材を受けたとして自ら当時の様子を説明した。

大阪府と大阪市は、新型コロナウイルスの感染防止対策として会食時間を「2時間程度以内」とするよう要請している。松井氏は「2時間を超えたことは市民からお叱りがあるかもしれない。そこは反省すべきところなのかなと思う」と述べた。

松井氏によると、会食は10月投開票の衆院選の「反省会」。大阪市内の飲食店で行われ、府議や地元市議、首長ら14区の関係者約30人が出席したという。

府などの要請内容に従い、1テーブルに4人ずつ座り、マスクを着用していたと強調。「ルールを破ったとまでは思っていないが、席の行き来はあった」と述べた。