5人死傷事故、死亡のタクシー運転手を書類送検 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京都千代田区で今年9月、タクシーで歩行者や自転車などをはね5人を死傷させたとして、警視庁麴町署は9日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)と道交法違反(過労運転等の禁止)の疑いで、事故翌日にくも膜下出血で死亡した男性運転手(64)を容疑者死亡のまま書類送検した。

書類送検容疑は9月11日午後4時20分ごろ、千代田区九段南の都道で、意識がもうろうとした状態でタクシーを運転。自転車をはねた後に歩道に乗り上げ、タクシー待ちをしていた女性(73)を死亡させるなど計5人を死傷させたとしている。

タクシーのドライブレコーダーには事故直前、男性運転手が目を開けたり閉じたりするなど、意識がもうろうとしているような様子が映っていたという。