安全試験で基準値満たさず 日産、三菱自の軽3車種

三菱自動車の「eKスペース」
三菱自動車の「eKスペース」

日産自動車と三菱自動車の一部の軽自動車で、エアバッグやシートベルトが日産の実施した安全試験で基準値を満たさず、両社が調査していることが9日、分かった。対象は三菱自の軽ワゴン「eKスペース」「eKクロススペース」、日産の「ルークス」で、3日から生産を停止している。試験装置が原因の可能性もあるとして、両社は確認を進めている。

三菱自は「衝突時にもエアバッグやシートベルトは作動し、通常走行において安全性に問題はない」としている。3車種は外観などが異なる姉妹車で、日産が開発し、三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産している。国土交通省の担当者は「詳細な事実関係の報告を受けた後、適切に対処したい」としている。