辞職の前町長、出馬を表明 神奈川・真鶴町長選

真鶴町長選への出馬を表明した松本一彦氏=9日、小田原市役所(外崎晃彦撮影)
真鶴町長選への出馬を表明した松本一彦氏=9日、小田原市役所(外崎晃彦撮影)

前町長の辞職に伴う神奈川県真鶴町長選(14日告示、19日投開票)で、辞職した前町長の松本一彦氏(55)が9日、小田原市役所で記者会見を開き、同町長選に無所属で出馬すると表明した。

松本氏は同町職員だった昨年2月ごろ、選挙人名簿を書庫から持ち出しコピー。自らが出馬した同9月の町長選で、有権者にはがきを郵送する際などに使用し、初当選した。選挙人名簿のコピーは公職選挙法で禁じられている。今年10月に不正が発覚し、松本氏は11月4日に辞職した。

松本氏は今回の出馬会見で、「町民、職員にまずは改めて謝罪したい」と述べた上で、「町内を謝罪に回る中で、出馬を期待する声をたくさんいただいた」と出馬理由を述べた。

また、当選した場合には「なぜ起きたのか原因究明する。私個人の問題ではあるが、コンプライアンス(法令順守)など、町としての課題もある」とした。

同選挙ではこれまでに、元町長の宇賀一章氏(69)▽元町議の森敦彦氏(70)▽法務団体役員の北沢晃男氏(51)▽元保険会社役員の大塚伸二氏(65)-の4人がいずれも無所属での出馬を表明しており、松本氏が加わり、計5人となった。画家の寺田琳(本名・小野寺傳二)氏(73)は、出馬を取りやめた。