米海兵隊と部隊指揮訓練 陸自、連日の公開

米海軍の衛生兵による救護訓練を見守る陸上自衛隊員(右)=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
米海軍の衛生兵による救護訓練を見守る陸上自衛隊員(右)=8日午後、宮城県の王城寺原演習場

陸上自衛隊は8日、宮城県の王城寺原演習場で、米海兵隊との共同訓練を報道関係者に公開した。東北や北海道の演習場を離島に見立てた訓練の一環。この日は、敵の艦艇に対処するミサイル部隊を指揮するための日米間の調整や負傷隊員の救護の場面があった。公開は7日に続いて2日連続。陸自は中国の台頭を意識し、海兵隊との連携を強化する方針だ。

米海兵隊員(奥)と共同訓練をする陸上自衛隊員=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
米海兵隊員(奥)と共同訓練をする陸上自衛隊員=8日午後、宮城県の王城寺原演習場

王城寺原演習場では、テントに日米双方の幹部が集結。互いの装備品の能力を説明し、艦艇の位置情報をレーダーや衛星で確認する手順や攻撃する際の役割分担を確認した。米側の担当者は「日米で戦術を一緒に立てるのは、将来にとって重要だ」と話した。救護訓練では米海軍の衛生兵が、左脚と胸を負傷した米兵を手当てするのを陸自隊員が見守った。

雨の中、行軍する米海兵隊員=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
雨の中、行軍する米海兵隊員=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
雨の中、行軍する米海兵隊員=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
雨の中、行軍する米海兵隊員=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
陸上自衛隊員に救護訓練を見せる米海軍の衛生兵=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
陸上自衛隊員に救護訓練を見せる米海軍の衛生兵=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
米海兵隊の幹部(左)と手を合わせる陸上自衛隊第5普通科連隊長の降簱慎生1等陸佐=8日午後、宮城県の王城寺原演習場
米海兵隊の幹部(左)と手を合わせる陸上自衛隊第5普通科連隊長の降簱慎生1等陸佐=8日午後、宮城県の王城寺原演習場