入所者に空気注入殺害疑い 老健施設元職員逮捕

茨城県古河市仁連の介護老人保健施設「けやきの舎」で令和2年7月、入所者の無職、吉田節次さん=当時(76)=の体内に空気を注入し殺害したとして、県警は8日、殺人の疑いで元施設職員の同県古河市大和田、赤間恵美容疑者(35)を逮捕した。古河署に同日捜査本部を設置、詳しい経緯を調べる。

逮捕容疑は2年7月6日午後0時半ごろ、施設内で、吉田さんの脚につながれた点滴用チューブに空のシリンジ(注射筒)を接続して空気を注入し、急性循環不全により死亡させたとしている。