合同トライアウトに33人参加 新庄監督も熱視線

視察に訪れた日本ハム・新庄剛志監督=メットライフドーム(尾崎修二撮影)
視察に訪れた日本ハム・新庄剛志監督=メットライフドーム(尾崎修二撮影)

プロ野球で戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウト(入団テスト)が8日、メットライフドームで行われた。西武で2018年に最多勝を獲得した多和田真三郎投手ら33人が参加し、各球団の担当者にアピールした。

シート打撃形式で行われた。多和田は最初の打者に四球を与え、続く2人は凡打に抑えた。「最初は緊張したが、もっと投げていけば球速は上がる。もっともっと野球がしたい」と現役への強い思いを口にした。

昨年は現役復帰を目指して参加した日本ハムの新庄剛志監督も視察に訪れた。「(選手の)気持ちはすごく分かるので、少しでも良いところ(を探したい)と思ってみていた」と守備での反応など、熱心に細部までチェックしていた。