埼玉県が383億円増額 PCR無料化や観光支援

さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)
さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

埼玉県は8日、新型コロナウイルス感染拡大防止と経済活動の両立を図るため、今年度一般会計を約383億円増額する補正予算案を発表した。補正後の一般会計は約2兆6376億円となる。

感染拡大時などのPCR検査や抗原定性検査の無料化のための費用として約287億円を計上したほか、検査事業者の体制整備への助成費などとして約12億円を手当てした。

宿泊割引などの観光応援キャンペーンを通じた事業者への支援の費用として約31億円を盛り込んだ。