GⅠで6勝のアグネスデジタルが死ぬ

2001年の天皇賞・秋や香港カップなど競馬のGⅠレースで6勝を挙げたアグネスデジタル(24歳牡馬)が死んだことが8日、分かった。ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。

同馬は2000年のマイルチャンピオンシップでGⅠ初制覇。翌年の南部杯や02年のフェブラリーステークスを制すなど、グレード制が導入された1984年以降、芝とダートの双方でGⅠ勝利を挙げた最初の馬だった。

通算32戦12勝(うち海外、地方で11戦5勝)。03年の有馬記念(9着)を最後に引退した。