真珠湾攻撃80年 あの日と今日は地続きにある 論説委員長・乾正人

第1波攻撃隊の猛攻をうける米主力艦。戦艦「オクラホマ」(中央奥)には魚雷命中の水柱があがっている=1941年12月7日(現地時間)、ハワイ・オアフ島の真珠湾
第1波攻撃隊の猛攻をうける米主力艦。戦艦「オクラホマ」(中央奥)には魚雷命中の水柱があがっている=1941年12月7日(現地時間)、ハワイ・オアフ島の真珠湾

あの日の東京の空は、限りなく青かった。

「いよいよはじまつたかと思つた。何故か體(からだ)ががくがく慄(ふる)へた。ばんざあいと大聲(おおごえ)で叫びながら駈(か)け出したいやうな衝動も受けた」

「ごん狐(ぎつね)」で知られる児童文学者の新美南吉は、昭和16年12月8日の興奮をこう綴(つづ)った。

ランキング

  1. 【正論】皇室の情報発信はどうあるべきか 作家・竹田恒泰

  2. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  3. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  4. 【産経抄】1月24日

  5. 【主張】世界遺産登録 ぶれずに佐渡金山推薦を

  6. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  7. 【主張】ウクライナ危機 米国支え露の侵攻を阻め

  8. 【浪速風】耐え続けている

  9. 【世界の論点】カザフ騒乱

  10. 【産経抄】1月23日