安全・安価にCO2吸収 埼玉大など新素材開発へ

政府が2050年の「カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)」を目標に据える中、埼玉大と化学素材メーカーの戸田工業(広島市南区)が、ナトリウムと鉄、酸素が層状に重なった化合物を使った二酸化炭素(CO2)の吸収材開発に乗り出した。従来の方法に比べ安全で安価な利用が期待できるといい、工場のボイラー施設やごみ焼却場での活用を想定している。

吸収材に用いるのは「ナトリウムフェライト」という化合物で、埼玉大の柳瀬郁夫准教授が開発し、戸田工業が大量生産の技術を確立した。

現状では「アミン溶液」と呼ばれる液体が火力発電所や製鉄所で使われているが、独特の臭気がある上、空気と接触すると劣化することから大掛かりな管理対策が必要となることがネックとされてきた。柳瀬准教授は、ナトリウムフェライトの特徴を「毒性がなく安価。軽微な設備で使え、いろいろな企業が採用しやすい」と説明する。

開発中の吸収材はCO2の分離も容易になる見通しといい、戸田工業は分離したCO2を農業用ハウスのビニールなどの製造に活用することも模索する。

戸田工業は令和6年度までに吸収材を用いたCO2分離回収設備を自社工場に設置し、ボイラー施設から排出されるCO2を回収、製品の原料として利用するシステムの導入を目指している。担当者は「世界的なCO2排出量削減の取り組みに貢献したい」と話している。(中村智隆)

会員限定記事会員サービス詳細