スーチー氏は国軍の人質 国連特別報告者が非難

5月24日、ミャンマー国営テレビが放映した法廷でのアウン・サン・スー・チー氏(左端)の画像=ヤンゴン(共同)
5月24日、ミャンマー国営テレビが放映した法廷でのアウン・サン・スー・チー氏(左端)の画像=ヤンゴン(共同)

ミャンマーの人権状況を担当する国連人権理事会のアンドリュース特別報告者は6日、同国軍設置の特別法廷から禁錮刑を受けた国家顧問兼外相だったアウンサンスーチー氏と大統領だったウィンミン氏は「犯罪者ではなく、人質だ」と述べ、国軍を厳しく非難した。

「非合法な支配を続けさせないためにも、軍政への武器供給や収入源を断つよう国際社会はより強い対応を取らなければならない」と強調。各国に対し、軍政への圧力を強めるよう訴えた。(共同)