会社販促用の巨人戦チケットを不正転売か 横領容疑で男逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

会社が保管するプロ野球巨人戦のチケットを横領し高値で転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は、業務上横領とチケット不正転売禁止法違反の疑いで、埼玉県川越市田町、無職、田辺宏明容疑者(51)を逮捕した。田辺容疑者は「今後の生活費の蓄えにしたかった」と容疑を認めている。

田辺容疑者は当時、機械製造販売会社に勤務しており、販売促進用の野球チケットを管理し、配布できる立場だった。平成25年から不正転売を行っており、254枚計約547万円を売り上げていたという。今年4月に巨人側から「シーズンシートチケットが転売されている」と情報提供があった。

逮捕容疑は会社が保管中のプロ野球巨人戦のシーズンシートチケットを横領し、3月25日から4月14日までの間、チケット4枚を不正転売したとしている。

また、同課はプロ野球のチケットを不正転売したとして、いずれも都内在住の会社役員の男(55)と会社役員の男(51)をチケット不正転売禁止法違反の疑いで書類送検した。