「自殺しようと」住人の57歳男を放火容疑で逮捕 東京・江東の火災

複数の建物が焼けた住宅火災の現場周辺=6日午前6時51分、東京都江東区
複数の建物が焼けた住宅火災の現場周辺=6日午前6時51分、東京都江東区

東京都江東区で6日未明に住宅など12棟が焼けた火事で、自宅に放火したとして、警視庁城東署は7日、現住建造物等放火容疑で、同区大島、無職、時庭和一容疑者(57)を逮捕した。調べに対し、「自殺しようと思っていた」などと容疑を認めている。

逮捕容疑は、6日午前4時ごろ、木造2階建ての自宅に火を付け、隣接する住宅など計12棟約230平方メートルを焼いたとしている。

城東署によると、時庭容疑者はコンロで火を付けた紙を1階に置き、放火したという。事件直後、近くの交番に出頭し、「火を付けた」と話したため、同署が身柄を確保し、事情を聴いていた。

同署は、詳しい動機や経緯を調べている。