徳島の民家に発砲 容疑で男逮捕

拳銃1丁を所持したとして、徳島県警は6日、銃刀法違反(所持)の疑いで、自称大阪市の無職、秋月忠志容疑者(58)を現行犯逮捕した。秋月容疑者は徳島市の民家に発砲したとして同日、県警に出頭。県警が確認すると、民家の玄関付近で弾痕のようなものが数カ所見つかった。県警によると、民家の住人は外出中でけが人はいなかった。

逮捕容疑は6日夕、回転式拳銃1丁を所持したとしている。県警が拳銃の入手ルートや、秋月容疑者と民家の住人との関係を調べている。