高木美が1500で3連勝 森重500初V スピードW杯第3戦

女子1500メートルで優勝した高木美帆=5日、米ソルトレークシティー(AP)
女子1500メートルで優勝した高木美帆=5日、米ソルトレークシティー(AP)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は5日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1500メートルで高木美帆(日体大職)が開幕から3連勝とした。3季前に出した世界記録まで0秒16に迫る1分49秒99をマーク。佐藤綾乃(ANA)も1分51秒46で2位と健闘した。

男子500メートルは21歳の森重航(専大)が33秒99で初優勝を果たした。松井大和(シリウス)が34秒21で4位。村上右磨(高堂建設)は7位、同走者の転倒があった新浜立也(高崎健康福祉大職)は8位だった。森重は、33秒79の日本記録を持つ新浜に次いで日本勢2人目の33秒台となった。

男子団体追い抜きでウイリアムソン師円、土屋陸(ともに日本電産サンキョー)一戸誠太郎(ANA)の日本は序盤で土屋が転倒し棄権した。

■高木美帆の話「また(1分)49秒台を見ることができたのはうれしい気持ちがあった。内容や結果は、五輪はまた別物になる。また次に向けて、スタートを切り直したい」

■森重航の話「(33秒台は)自分でもびっくりしているし、よかったと思う。満足いくタイムだった。一歩一歩丁寧に、と思いながら滑っていた」(共同)

男子500メートル 優勝した森重航=ソルトレークシティー(USAトゥデー・ロイター)
男子500メートル 優勝した森重航=ソルトレークシティー(USAトゥデー・ロイター)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細