第一発見者、殺人容疑で再逮捕 大阪の社長?男性遺体事件

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市中央区の集合住宅の一室で10月、住人のIT関連会社社長、八ツ田(やつだ)和夫さん=当時(67)=とみられる男性の遺体が見つかった事件で、大阪府警は6日、殺人容疑で、知人の自称会社役員、金歓喜被告(65)=韓国籍、傷害罪などで起訴=を再逮捕した。黙秘している。

再逮捕容疑は9月29日昼ごろ、大阪市中央区北久宝寺町の集合住宅一室で、八ツ田さんとみられる男性の頭や肩などを殴打し、全身打撲による出血性ショックで殺害したとしている。

府警は遺体の状況などから、防御できない状態で執拗(しつよう)に暴行を受けたとみて殺意を認定。工具のようなもので多数回殴られたとみられるが、凶器の特定には至っていないという。

府警によると、八ツ田さんは9月27日、仕事中に体調不良を訴えて帰宅。集合住宅の防犯カメラには、同28日に外出先から帰宅して以降の映像はなかった。金容疑者は10月2日、遺体を発見したとして119番していた。府警は動機などを慎重に捜査している。