渋野日向子、安堵の笑み 米女子ゴルフ予選会

第4ラウンド、10番でバンカーショットを放つ渋野日向子。通算6アンダーで24位=マグノリアグローブ(共同)
第4ラウンド、10番でバンカーショットを放つ渋野日向子。通算6アンダーで24位=マグノリアグローブ(共同)

米女子ゴルフツアーの来季出場資格を争う最終予選会は5日、アラバマ州モービルのマグノリアグローブの2コースで第4ラウンドが行われ、古江彩佳は通算11アンダー、275の7位、渋野日向子は6アンダーの24位となって、ともに第2週へ進んだ。

第2日までは出遅れた渋野。「めちゃくちゃあった」という重圧の中、第3日の66で浮上して第4ラウンドも圏内を維持。「なんとかここまで持ってこられた」と安堵の笑みがこぼれた。

最終的に45位までが来季の出場権を得るが、20位前後に入らないと試合数が限られてしまう可能性もあり「絶対に入らないといけない。一つでも上にいかないと」。

この日は5番(パー5)でグリーンを狙った第2打を池に落としてダブルボギーをたたき「やらかしてしまった」と反省しきり。まだ72ホールを残しており「無理にパー5は(2オンを)狙わない」と堅実なゴルフに徹する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細