フォト特集

Jリーグ・アウオーズ 最優秀選手賞にLダミアン

最優秀選手賞を受賞した川崎・レアンドロダミアン(左)=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
最優秀選手賞を受賞した川崎・レアンドロダミアン(左)=東京都港区(撮影・蔵賢斗)

Jリーグは6日、東京都内のホテルで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開催し、最優秀選手賞(MVP)は今季23ゴールで得点王に輝き、J1川崎のリーグ2連覇に貢献した元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(32)が初めて選ばれた。得点王とのダブル受賞は昨季のオルンガ(当時柏)に続き史上9人目。

ベストイレブンに選出され、記念写真におさまる(前列左から)川崎・旗手怜央、横浜M・前田大然、川崎・レアンドロダミアン、川崎・山根視来(後列左から)川崎・谷口彰悟、川崎・脇坂泰斗、神戸・イニエスタ、川崎・家長昭博、名古屋・稲垣祥=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
ベストイレブンに選出され、記念写真におさまる(前列左から)川崎・旗手怜央、横浜M・前田大然、川崎・レアンドロダミアン、川崎・山根視来(後列左から)川崎・谷口彰悟、川崎・脇坂泰斗、神戸・イニエスタ、川崎・家長昭博、名古屋・稲垣祥=東京都港区(撮影・蔵賢斗)

ベストイレブンには川崎から谷口彰悟(30)山根視来(27)旗手怜央(24)ら7人が入った。レアンドロダミアンと並んで得点王となった横浜Mの前田大然(24)や、3位神戸の司令塔アンドレス・イニエスタ(37)らも選出された。

最も活躍した若手に贈られるベストヤングプレーヤー賞は鹿島で10ゴールを挙げた荒木遼太郎(19)が受賞。最優秀ゴール賞は名古屋の柿谷曜一朗(31)が11月27日のC大阪戦で決めたオーバーヘッドキックだった。

ヤングプレーヤー賞を受賞した鹿島・荒木遼太郎=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
ヤングプレーヤー賞を受賞した鹿島・荒木遼太郎=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
ベストゴールに選ばれた名古屋・柿谷曜一朗=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
ベストゴールに選ばれた名古屋・柿谷曜一朗=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
C大阪―名古屋 後半、オーバーヘッドで先制ゴールを決める名古屋・柿谷(中央)=11月27日、ヨドコウ
C大阪―名古屋 後半、オーバーヘッドで先制ゴールを決める名古屋・柿谷(中央)=11月27日、ヨドコウ
功労賞を受賞した佐藤寿人(前列左)ら=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
功労賞を受賞した佐藤寿人(前列左)ら=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
得点王に輝いた横浜M・前田大然=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
得点王に輝いた横浜M・前田大然=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
最優秀選手賞を受賞した川崎・レアンドロダミアン=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
最優秀選手賞を受賞した川崎・レアンドロダミアン=東京都港区(撮影・蔵賢斗)


会員限定記事会員サービス詳細