世界の論点

北京五輪の外交的ボイコット

11月26日、スイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部前で北京冬季五輪のボイコットを訴える人々(ロイター)
11月26日、スイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部前で北京冬季五輪のボイコットを訴える人々(ロイター)

来年2月の北京冬季五輪に首脳や政府使節団を送らない「外交的ボイコット」について、バイデン米大統領は「検討している」ことを明らかにした。中国の人権問題を理由に英国、オーストラリアでも外交的ボイコットが検討される中、米国やカナダでは選手団を派遣しない全面ボイコット論も強まっている。対する中国は「スポーツの政治問題化」だとして反発。米欧による「中国包囲網」の一環とみなして警戒している。

≪ポイント≫

ランキング

  1. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  2. 【産経抄】1月18日

  3. 【正論】「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保

  4. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  5. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  6. 【浪速風】自衛隊法の改正急務

  7. 【主張】東大前無差別刺傷 被害者の救済を最優先に

  8. 【産経抄】1月17日

  9. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  10. 【ポトマック通信】米国にリーダーはいない