文通費日割り「自民党だけでもできる」 維新・松井代表

取材に応じる日本維新の会の松井一郎代表=6日午後、大阪市役所
取材に応じる日本維新の会の松井一郎代表=6日午後、大阪市役所

日本維新の会の松井一郎代表は6日、文書通信交通滞在費(文通費)をめぐり、日割り支給を可能にする法改正が臨時国会で見送られるとの見方が強まっていることについて、「(自民党は)絶対安定多数を持っているのだから、やろうと思えば自民党単独でできる。なぜやらないのか」と批判した。大阪市役所で記者団に語った。

与野党は当初、日割り支給の実現でほぼ一致していたが、野党が使途公開なども加えるよう主張したため折り合わなかった。維新と国民民主党は6日、日割り支給や使途公開、国庫返納を可能にする法案を衆院に共同提出した。

松井氏は「納税者や有権者の皆さんは日割りだけでは納得しない」と指摘。民間のルールに沿うべきだとし、使途公開などの必要性を改めて強調した。

立憲民主党の泉健太代表は今月4日、自身のツイッターで「国庫返納を打ち出さず、国会内での本気度を感じられないのは維新さんでは?」と批判し、立民として文通費改革の法案を提出する予定だと投稿した。

これに対し松井氏がツイッターで、国庫返納などを可能にする法案の共同提出を持ちかけたところ、返答がなかったとし「やるふりだけして連絡がこない。立民は本当にそういう体質なのだろう」と述べた。

文通費維持なら「札束で小遣い認める国会」 維新・吉村氏

会員限定記事会員サービス詳細