正論

日本による朝鮮半島統治の真実 拓殖大学顧問・渡辺利夫

拓殖大学顧問・渡辺利夫氏
拓殖大学顧問・渡辺利夫氏

葬り去られる日本の遺産

韓国の経済規模は世界第10位、1人当たり所得水準では日本とさして変わらないところにまできている。「漢江(ハンガン)の奇跡」といわれた1960年代後半からの韓国経済の発展速度は、先発国の歴史に類例のないほどのものであった。かつて「圧縮された発展」と私は表現したことがある。どうしてそのような発展が可能だったのか。

一国の発展の始発時点で与えられている一切の前提が「初期条件」である。35年にわたる日本の朝鮮統治が第二次大戦での敗北によって終焉(しゅうえん)し、3年間の在韓米軍政庁(米軍政)による直接支配を経て、大韓民国が独立したのが1948年8月であった。この時点において韓国に与えられていたものが、すなわち初期条件である。

ランキング

  1. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  2. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  3. 【産経抄】1月17日

  4. 【主張】東大前無差別刺傷 被害者の救済を最優先に

  5. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  6. 【主張】「1・17」と津波 教訓を未来に継承しよう 津波警報に経験は生きたか

  7. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい

  8. 【浪速風】備えの第一は知識と知恵

  9. 【産経抄】1月16日

  10. 【正論】もともと日本に存在しなかった「個人主義」の呪縛から脱出せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫