現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

日本による朝鮮半島統治の真実 拓殖大学顧問・渡辺利夫

拓殖大学顧問・渡辺利夫氏
拓殖大学顧問・渡辺利夫氏

葬り去られる日本の遺産

韓国の経済規模は世界第10位、1人当たり所得水準では日本とさして変わらないところにまできている。「漢江(ハンガン)の奇跡」といわれた1960年代後半からの韓国経済の発展速度は、先発国の歴史に類例のないほどのものであった。かつて「圧縮された発展」と私は表現したことがある。どうしてそのような発展が可能だったのか。

一国の発展の始発時点で与えられている一切の前提が「初期条件」である。35年にわたる日本の朝鮮統治が第二次大戦での敗北によって終焉(しゅうえん)し、3年間の在韓米軍政庁(米軍政)による直接支配を経て、大韓民国が独立したのが1948年8月であった。この時点において韓国に与えられていたものが、すなわち初期条件である。

ランキング

  1. 【産経抄】5月17日

  2. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  3. 【浪速風】獄死者も…祖国日本による救出を待つ同胞たち

  4. 【石平のChina Watch】中国軍の実態暴く司令官寄稿

  5. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  6. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

  7. 【主張】深まる日EU安保 欧州へ海自派遣の検討を

  8. 【産経抄】5月16日

  9. 【一服どうぞ】裏千家前家元・千玄室 地球にやさしい社会?

  10. 【古典個展】プーチン大統領の「暗さ」 大阪大名誉教授 加地伸行

会員限定記事