さまよう彼女たち

弟虐待死で一家離散 「普通の人生」を探して

振り袖を着つけてもらい、数年越しの「成人式」をしてもらった伊藤楓さん。自分が「主役」として誰かに祝ってもらうのは初めての経験だった(本人提供)
振り袖を着つけてもらい、数年越しの「成人式」をしてもらった伊藤楓さん。自分が「主役」として誰かに祝ってもらうのは初めての経験だった(本人提供)

約20年前、風呂場で4つ下の弟と遊んでいると、帰宅した父に突き飛ばされて蛇口にぶつかり頭から出血。それを見た弟が泣き叫ぶと、父はさらに激高、弟を湯船の方向に投げつけた-。東京都で暮らす伊藤楓さんの「最後の家族の記憶」がこれだ。弟は死亡、父は母とともに逮捕された。

当時5歳で、10人きょうだいの真ん中ぐらい。うっすら残る記憶の中の自宅は、狭い部屋の窓ガラスがいつも割れていた。両親のケンカは日常茶飯事。殴る蹴るにとどまらず、包丁を持ち出すなど、「いつも殺し合い寸前」だった。

「両親は『ダメな人』の典型。薬、酒、セックス。あらゆる依存症でした」。まともな食事を与えられたことはなく、両親が互いに「恋人」を家に連れ込むたび、きょうだいと外で時間をつぶした。深夜の公園で幼い子供たちが遊ぶ。そんな異常が、日常だった。

事件後、きょうだいはそれぞれ児童養護施設に預けられ、一家は離散。小学校に入ってから、父は「ハンシャ(反社会的勢力)の人」だと聞かされた。

ランキング

  1. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(23)悲しみを忘れたかった母の代わりに

  2. 【正論12月号】やっぱり恐ろしい安倍晋三という男 産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比

  3. コロナ「5類」引き下げに賛否 専門家「体制整わず」、自治体「負担軽減期待」

  4. 【クローズアップ科学】オミクロン株の実態 共存という「収束」へ

  5. オミクロン株症状は のどに痛み、味覚障害少なく

  6. 自衛隊接種、医官ら準備式 東京会場、31日開始へ

  7. 北海道、蔓延防止措置要請を正式決定

  8. 難病乗り越え、デュアルスキーで描く夢 89歳 三浦雄一郎さん

  9. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(22)身をもって「老い」を教えてくれた母

  10. 山梨県がコロナ対策の臨時協力要請 蔓延防止措置適用は求めず