速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

第一発見者を殺人容疑で再逮捕へ、大阪の男性変死

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市中央区の集合住宅の一室で10月、住人のIT関連会社社長、八ツ田(やつだ)和夫さん=当時(67)=とみられる男性の遺体が見つかった事件で、大阪府警は6日にも、殺人容疑で知人の自称会社役員、金歓喜被告(65)=韓国籍、傷害罪などで起訴=を再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。金被告は遺体の第一発見者で、日常的に八ツ田さんに暴力を振るっていたとして逮捕、起訴されていた。

捜査関係者によると、金被告は9月下旬、大阪市中央区北久宝寺町の集合住宅一室で、八ツ田さんとみられる男性の頭部や上半身を殴打し、全身打撲による出血性ショックで殺害した疑いがある。金被告は10月2日、遺体を発見したとして119番していた。

府警によると、2人は40年来の知人。八ツ田さんは金被告が役員を自称する会社で働いていたが、金被告に数年前から日常的に暴力を受けていたとみられる。府警は金被告の暴行がエスカレートした可能性もあるとみて、当時の詳しい状況などを調べる。