群馬で30人感染 工場のクラスター拡大

群馬県庁=前橋市(柳原一哉撮影)
群馬県庁=前橋市(柳原一哉撮影)

群馬県は5日、30人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県によると、このうち26人は、クラスター(感染者集団)が発生した同県太田市の工場の従業員が占めた。この工場での感染者は計42人となった。

感染者42人は10~50代の男女で、ワクチンを2回接種した後に2週間が経過していたのが29人、未接種が9人、確認中が4人。いずれも軽症か無症状で、重症者はいないという。2検体を抽出してデルタ株のスクリーニング検査を実施したところ、いずれも陽性と確認された。

県の感染症・がん疾病対策課は「全国的に見て群馬県は連日感染者が多いが、冷静に対応してほしい」と県民に呼び掛け、ワクチン接種後も油断せず、マスクの着用やこまめな換気など感染対策の徹底を求めている。