高木美、1000メートルで優勝 スピードW杯第3戦

女子1000メートルのレースを終えた高木美帆。1分11秒83で優勝した=ソルトレークシティー(AP=共同)
女子1000メートルのレースを終えた高木美帆。1分11秒83で優勝した=ソルトレークシティー(AP=共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は4日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1000メートルは高木美帆(日体大職)が1分11秒83で優勝した。この種目では5年ぶりの通算2勝目。小平奈緒(相沢病院)は7位だった。

女子500メートルは小平が37秒19で8位に終わり郷亜里砂(イヨテツク)が11位。アンゼリカ・ブイチク(ポーランド)が優勝した。男子1500メートルは小田卓朗(開発計画研究所)が1分42秒44で5位、一戸誠太郎(ANA)が7位となり、ジョーイ・マンティア(米国)が制した。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細