第3世代のAirPodsには、「価格」という避けて通れぬ問題がある 製品レビュー

第3世代へと進化したアップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods」。これまでひとり勝ち状態だった製品のはずが、成長著しい他社の製品群と比べて次第に新鮮味を失っているように見える。重要なポイントは「金額に見合う価値」があるのか、という点だろう──。『WIRED』UK版によるレビュー。

TEXT BY JEREMY WHITETRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(UK)

金額に見合う価値──。それが重要な要素であることは、どんな製品をレビューする場合にも変わらない。いい感じのデザインや新たに追加された機能ほど注目されることはないが、それでもやはり重要なのだ。自分で購入したわけでもない製品を評価するレヴュアーが少なくない昨今、この極めて重要な部分が置き去りとは言わないまでも、軽視されることがままある。

読者からは、次のような辛口の質問を受けることがよくある。ハイエンドのスマートフォンが、いまや英国の平均月収である2,647ポンド(約40万5,000円)の半分を超える価格になっているのはどういうわけか、といった問いだ。

その答えは決まっている。いまどきのスマートフォンは単なる電話ではなく、カメラであり、音楽プレーヤーであり、ゲーム機やテレビ、そしてモバイルPCでもあるからだ。

1980年代の初めに売り出されたレンガ並みに大きい携帯電話「Motorola International 3200」を、インフレを考慮して現在の価格に換算すると、1,651ポンド(約25万3,000円)という意外に穏当な金額になる。だが、あれは本当にただの電話で、古典的な「スネークゲーム」さえプレイできなかったのだ。

それに比べてイヤフォンは、いまだに単なるイヤフォンである。確かにケーブルは消え、マイクが追加された。ノイズキャンセリングやワイヤレス充電といった最新技術も導入されている。だが、本来の用途はいまだに変わっていない。

しかも、こうした技術の進歩にかかるコストは急激に下がっている。ノイズキャンセリング機能はいまや当たり前になり、格安のイヤフォンにすら備わっている。ワイヤレス充電機能についても同様だ。

これらを考え合わせると、これまでひとり勝ちだったアップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods」シリーズは、成長著しい他社の製品群と比べて次第に新鮮味を失っているように見える。

初代AirPodsにさほど大きな変更も加えられないまま、5年という長い年月が過ぎた。そしていま、第3世代となったAirPodsが登場し、どこでも見かけるこのイヤフォンがついに刷新されることになったのである。

だが、問題は競合製品に比べてかなり高額であることだ。過去最高にあからさまにも思える“アップル税”の正当性を、はたして アップルは示せるのだろうか。どうやら難しそうだ。その理由を説明していこう。

会員限定記事会員サービス詳細