男子500メートルで松井が初V 小平は6位 スピードW杯第3戦

男子500メートルのレースを終えた松井大和。34秒04で優勝した=ソルトレークシティー(USAトゥデー・ロイター=共同)
男子500メートルのレースを終えた松井大和。34秒04で優勝した=ソルトレークシティー(USAトゥデー・ロイター=共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は3日、米ソルトレークシティーで開幕し、男子500メートルは松井大和(シリウス)が34秒04で優勝した。24歳でW杯初勝利。森重航(専大)が0秒05差の2位に入った。

女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒07で6位だった。

■松井大和の話「めちゃくちゃうれしい。自分がどれだけ食い込めるか未知だったけれど、全然、自分もやれるんだなと気づけた。そこに気づけたことがすごい収穫だったと思う」

■小平奈緒の話「体の状態は良かったが、前半からパワーを氷に伝えられる躍動感がなかった。筋肉の張りを促すトレーニングをしてきたが、滑りにはまってこなかった。(上位との)タイム差は大きくないので、しっかり修正したい」(共同)

競技一覧

北京五輪ランキング

  1. スピードスケート女子の高木姉妹、故郷の幕別町で報告会

  2. 維新の松井代表、北京五輪の外交ボイコット「毅然と」

  3. 中国開催も ロシア参加も 誤りだった 論説副委員長 別府育郎

  4. 「苦い記憶」「悲劇」…海外メディアの五輪批判顕著

  5. 中国でロックダウン拡大 北京五輪組織委はオミクロン株に「注視」

  6. 羽生選手ら帰国の途 北京五輪日本選手団

  7. スーツ失格が話題の中心 国際スキー連盟が記事

  8. 高木美が銀メダル、小平は連覇ならず スピードスケート女子500M

  9. 羽生“お姫様抱っこ”で締めくくり ファン大歓声 フィギュア・エキシビション

  10. 【ソウルからヨボセヨ】メディアの〝反日疲れ〟?

会員限定記事会員サービス詳細