新変異株感染、40カ国超に 米韓などで拡大

ソウル駅近くの施設で新型コロナの検査を受ける人たち(共同)
ソウル駅近くの施設で新型コロナの検査を受ける人たち(共同)

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染は3~4日、米国や韓国など世界各地で拡大を続けた。各国当局はワクチンで重症化を一定程度防げるとみて接種を呼び掛けた。メキシコやチュニジアでも初確認され、欧米メディアによると、オミクロン株の感染者が確認された国・地域は40を超えた。

米東部メリーランド州は3日、最大都市ボルティモアを中心とした区域でオミクロン株の感染者が3人確認されたと発表。1人はワクチン接種済みで遠出はしておらず、市中感染の疑いがある。東部ペンシルベニア州フィラデルフィアも1人の感染を確認した。

韓国政府は4日、オミクロン株の感染者が3人増え、計9人になったと発表した。韓国メディアによると、3人はナイジェリアから帰国した夫婦と接触した知人の妻や義母らで、陽性判定前に教会に通っていたことが判明。防疫当局は集団感染の疑いがあるとみて800人以上の教会関係者らの検査を進めている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細