男性殺害の疑いで稲川会系組幹部逮捕 横浜

現場とされる店舗が入る雑居ビル=4日、横浜市中区
現場とされる店舗が入る雑居ビル=4日、横浜市中区

横浜市中区本牧町の病院に意識不明の男性が運び込まれ、その後死亡した事件で、神奈川県警暴力団対策課は4日朝、殺人の疑いで、指定暴力団稲川会系組幹部で同市磯子区洋光台の無職、臼井裕太容疑者(36)を逮捕した。認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は3日正午ごろから午後3時20分ごろまでの間、同市中区相生町の雑居ビルに入る店舗内で、住所、職業不詳の北川典聖さん(38)の顔や胸を複数回、殴る蹴るなどしたうえ、刃物のようなもので数回突き刺すなどして、重傷を負わせて殺害したとしている。

臼井容疑者は犯行直後、同会関係者をみられる男らとともに北川さんを車で同区本牧町の病院まで運び、その場から逃走。同課が防犯カメラの映像などをもとに、捜査を進めていた。2人には面識があったことが確認されており、同課は北川さんが何らかのトラブルに巻き込まれた疑いがあるとみて調べている。