産経抄

12月4日

少数民族弾圧への国際的非難や女子テニス選手、彭帥(ほうすい)さんが元副首相に性的関係を強要されたと告白した問題で、中国がいらだちを募らせている。中国当局の過激な発言にそれが表れており、例えばこんなふうである。「中国人民の譲れない一線に挑む者は誰であれ、必ず頭をぶつけ血を流すだろう」。

▼これは、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官の1日の記者会見でのセリフである。安倍晋三元首相が同日の講演で「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもある」などと指摘したことに対し、汪氏は「公然とでたらめを言った」と非難したのだった。

▼この日夜には、華春瑩(か・しゅんえい)外務次官補が垂秀夫(たるみ・ひでお)駐中国日本大使を呼び出し「極めて誤った言論で、中国の内政に乱暴に干渉した」と憤りを表明した。垂氏が「日本にこうした見解があることを中国は理解する必要がある。中国側の一方的主張は受け入れられない」と反論したのは適切かつ当然だろう。

ランキング

  1. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  2. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  3. 【産経抄】1月17日

  4. 【主張】「1・17」と津波 教訓を未来に継承しよう 津波警報に経験は生きたか

  5. 【主張】東大前無差別刺傷 被害者の救済を最優先に

  6. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  7. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい

  8. 【浪速風】備えの第一は知識と知恵

  9. 【産経抄】1月16日

  10. 【正論】もともと日本に存在しなかった「個人主義」の呪縛から脱出せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫