オミクロン株、米で感染拡大 ミネソタ、ニューヨークなど4州で

通りに設置された接種拠点で新型コロナウイルスワクチンのブースター接種を待つ人々=2日、ニューヨーク(AP)
通りに設置された接種拠点で新型コロナウイルスワクチンのブースター接種を待つ人々=2日、ニューヨーク(AP)

米疾病対策センター(CDC)は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の国内2例目の感染者が中西部ミネソタ州で確認されたと発表した。その後、ニューヨーク市とその周辺で5人、ハワイ州と西部コロラド州で各1人の感染が同日確認された。カリフォルニア州で1日に見つかった1例目と合わせ、米国での感染確認は計9人となった。

ミネソタ州の感染者は成人男性で、11月19日~21日に東部ニューヨーク市で開かれた日本アニメの大規模イベントを訪れた後に発症した。イベントには約5万3千人が参加しており、集団感染の恐れがある。

ニューヨーク市とその周辺の5人の内訳は、市内が4人、近郊のロングアイランド島にあるサフォーク郡が1人。同郡の1人は67歳女性で南アフリカから帰国したばかり。市内の4人と大規模イベントとの関連は不明だ。市保健当局は「アフリカ南部などへの渡航歴のある人だけの問題ではない」として市中感染拡大へ危機感を募らせている。

ニューヨークは昨年、新型コロナの感染が世界でも最も深刻な都市の一つとなった。ホークル氏は会見で「市民は情報を知らされており、当時より状況ははるかに良い。パニックは起きていない」と強調。現在の状況について「公衆衛生上の危機ではあるが、ロックダウン(都市封鎖)に至るほどではない」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。(ニューヨーク 平田雄介)