正論

袋小路に追い込む「再毛沢東化」 東洋学園大学教授・櫻田淳

北京の軍関連施設に掲げられた歴代指導者の肖像。手前左が毛沢東、一番右が習近平・中国共産党総書記(国家主席)=11月(AP)
北京の軍関連施設に掲げられた歴代指導者の肖像。手前左が毛沢東、一番右が習近平・中国共産党総書記(国家主席)=11月(AP)

去る11月11日に閉幕した中国共産党の重要会議である第19期中央委員会第6回総会(6中総会)では、毛沢東と鄧小平の統治期に続く3度目の「歴史決議」が採択された。

この「歴史決議」には、習近平中国国家主席の権威を確立させる狙いがあると伝えられる。

習近平国家主席は従来、自らを毛沢東に仮託するような演出を披露してきた。此度の「歴史決議」採択もまた、その流れの上にあるものであろう。

東洋学園大学教授、櫻田淳氏
東洋学園大学教授、櫻田淳氏

非毛沢東化こそ和解に寄与

ランキング

  1. 【産経抄】1月19日

  2. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  3. 【主張】噴火と津波情報 検証を重ねて次に生かせ

  4. 【主張】みずほ新体制 悪しき企業風土に決別を

  5. 【正論】「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保

  6. 【産経抄】1月18日

  7. 【浪速風】自衛隊法の改正急務

  8. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  9. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  10. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい