藤井聡太四冠、今年最後の公式戦は白星

順位戦B級1組の対局に臨む、藤井聡太四冠(右)と近藤誠也七段=2日午前、大阪市福島区(日本将棋連盟提供)
順位戦B級1組の対局に臨む、藤井聡太四冠(右)と近藤誠也七段=2日午前、大阪市福島区(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太四冠(19)=棋聖・竜王・王位・叡王=は2日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた順位戦B級1組の対局で先手の近藤誠也七段(25)に114手で勝ち、今期の順位戦の成績を8勝1敗とした。

藤井四冠はこの日が今年最後の公式戦。年内にテレビ棋戦の銀河戦の放映は予定されている。

終局後、藤井四冠は「全体として実力以上の結果が出せて、いい経験ができた一年だった」と話した。