路上感撮

街の変遷見守る「ロボット」 川崎・中原区

武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)
武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)

駅前広場を歩いていると、レトロなロボットのようなビルを見つけた。川崎市中原区の東急武蔵小杉駅。

ビルを所有するお好み焼き店が平成28年、周辺の再開発に合わせて建て替える際に、このデザインを採用したという。「親しみやすくしたかった」と、店主の城所亨さん(48)。最上階7階の「目」に当たる窓に丸いシールを貼ると、さらに顔らしくなった。

かつては工場地帯だったことを思い出させる駅前のマスコットは、これからも街の移り変わりを見守っていく。 (写真報道局 松井英幸)

武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)
武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)
武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)
武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)
武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)
武蔵小杉のロボットビル  =川崎市(松井英幸撮影)

会員限定記事会員サービス詳細