火災で死亡の3人は親子 三重

三重県鈴鹿市で2日朝、住宅が全焼し3人が死亡した火災で、三重県警鈴鹿署は同日夜、焼け跡から遺体で見つかった3人の身元を、成田止さん(94)と妻、わかさん(86)、息子の浩二さん(49)と明らかにした。出火原因や3人の死因を調べている。複数の近隣住民によると、成田さんは足が悪く、車いすで生活していた。

地元消防によると、午前4時20分ごろ、鈴鹿市稲生町の住宅から出火し、木造平屋を全焼した。

現場は伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅の北東約300メートル。

■住宅火災で3人死亡 三重、高齢夫婦らか

会員限定記事会員サービス詳細