84歳母親殺害疑い、息子再逮捕

鳥取県米子市の自宅で母親を刃物のようなもので刺して殺害したとして、鳥取県警は2日、殺人の疑いで、同市上福原の無職、山田哲也容疑者(50)を再逮捕した。県警は自宅から包丁など複数の刃物を押収しており、凶器の特定や動機の解明を急ぐ。

県警は11月23日、母親の尚子さん(84)の遺体を自宅の浴室に遺棄したとして、死体遺棄容疑で哲也容疑者を逮捕していた。尚子さんと2人暮らしだったという。

再逮捕容疑は11月21日ごろ、自宅で尚子さんの胸部を刃物のようなもので突き刺すなどして殺害したとしている。

捜査関係者によると、遺体の胸部には複数の刺し傷があった。哲也容疑者はこれまでの取り調べに「自分が刺した」と供述していた。

会員限定記事会員サービス詳細