あいりん野宿者に立ち退き命令 不法占拠を認定

複合施設「あいりん総合センター」=2日午後、大阪市西成区
複合施設「あいりん総合センター」=2日午後、大阪市西成区

建て替えのため平成31年4月に閉鎖された大阪市西成区の複合施設「あいりん総合センター」の敷地を不法占拠しているとして、大阪府が野宿者ら22人に立ち退きを求めた訴訟の判決が2日、大阪地裁であり、横田典子裁判長は府の請求を認め、土地の明け渡しを命じた。府側は判決確定を待たずに強制的に立ち退かせることができるよう仮執行も求めたが、地裁は認めなかった。

横田裁判長は判決理由で、日雇い労働者の仕事あっせんや福祉の拠点などとしてセンターが果たしてきた役割を踏まえても、野宿者らは理由なく敷地を占有していると認定。寝泊まりしていた人に府が生活保護申請を呼びかけるなど一定の配慮を行っていたとして、立ち退き請求は「権利乱用には当たらない」と判断した。

あいりん地区の象徴的な建物である同センターは昭和45年に開設されたが、耐震性に問題があり老朽化も進んでいるとして、府が平成31年4月に閉鎖。地域活性化の拠点とするため建て替える方針を明らかにしている。一方、野宿者ら数十人は建物閉鎖後も、外周の敷地内でテントなどをはって生活を続けていた。

野宿者側代理人の武村二三夫弁護士は「行政の都合に合わせたいいかげんな判決。仮執行を認めなかったことが裁判所の一縷(いちる)の良心だ」と述べ、控訴する意向を明らかにした。

■「邪魔ならないところ探す」あいりんセンター立ち退き敗訴

会員限定記事会員サービス詳細