雌の双子パンダ7歳に 和歌山、桜浜と桃浜

7歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの桜浜(左)と桃浜=2日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
7歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの桜浜(左)と桃浜=2日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」が飼育している双子で雌のジャイアントパンダ桜浜と桃浜が2日、7歳の誕生日を迎えた。施設は雪と氷のカラーボールで描いた桜と桃の花、年齢に合わせて「7」の形につくった氷をプレゼントした。

7歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの桃浜=2日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
7歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの桃浜=2日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

屋内運動場に姿を見せた桜浜は、緊張していたのかプレゼントのそばを通り過ぎて場内を歩き回った。桃浜は氷の花びらをなめたり人工雪の上に座り込んだり。飼育スタッフの中谷有伽さん(26)は「それぞれの性格が表れた誕生日だった。大きなけがもなく立派なパンダに成長したことを喜びたい」と話した。 

桜浜と桃浜は2014年に父永明と母良浜の間に誕生した。施設では双子は計5組誕生しているが、雄だけが1組、雄と雌が3組で、雌だけの組み合わせは桜浜と桃浜だけ。


会員限定記事会員サービス詳細